夫・妻と離婚したいのにできないとき

恋人や夫婦の悩み

離婚や不倫、浮気の悩み

0120-075-444

なかなか離婚してくれない夫・妻と離婚したい。離婚できる離婚方法

離婚したいお悩みについて冷静に分析する

恋愛と違い、結婚では相手と別れることは簡単にはできません。たとえ関係性が冷え切ってしまっていても同じです。

離婚拒否している夫や妻が離婚してくれるにはどのような方法が必要となるのでしょうか。



■離婚したいけどできない

夫や妻と離婚したいと思っても結婚は法律で定められているものであり、離婚したいと思ってもすぐにはできないものです。

離婚したい場合、相手の意思も必要となり、相手が離婚してくれる状態でなければ成立しないものとなります。

このため、離婚したい場合には離婚話をする方法をとらなければなりません。この時、離婚拒否を受けることがほとんどです。

相手が納得して離婚してくれるまで徹底的に話し合いをしなければならないため離婚話をなかなか持ち出せないという方も多くいます。



しかし、離婚拒否されるのが目に見えているからと言って離婚したい気持ちを押し殺すことは、

我慢をし続けて夫、妻との結婚生活を続けなければいけなくなります。

このため、辛い状況から打破するにはやはり離婚してくれるような方法を考える必要があります。



離婚したいけどできない場合のミシマ式アドバイス ■離婚したい場合に知っておきたい法律

離婚してくれない夫や妻と話し合いをする前に知っておきたいことがあります。

まず、世の中には妻や夫である自分が離婚したいと思った時に相手が離婚してくれるケースもあります。

それは、相手が離婚に乗り気だったというよりも、法律的な部分をクリアしているからです。

それは、有責配偶者であるかどうかです。



自分が離婚したいと思う原因が相手の責任であるかという点になりますが、 これには妻や夫が浮気をしている写真といった証拠品が存在していることや、 自分が浮気をしていることを相手が長らく認め続けてきているといったこととなります。

こういったことがあれば相手が離婚してくれないという膠着状態が、法律によってなくなるのです。

場合によっては慰謝料の請求もできるため、離婚したいけれど離婚拒否をされている場合は、 少しでも自分に有利になりそうな情報を集めましょう。



■離婚話は冷静に行うこと

効率的に離婚話進める方法として覚えておきたいこととして、決して感情的にならないことです。

夫や妻が離婚してくれないからといって、ヒステリックになることや声を荒らげることはいい方法ではありません。

そして、離婚をしてくれるようなことには絶対になりません。妻や夫が離婚してくれない理由として、 愛が継続しているとなれば幸せなことですが、多くは経済的なことや周囲の反応を気にして離婚拒否をします。

離婚話の際には、相手の気持ちを推し量り、その上で自分は離婚をしたいという意思を伝えることが重要となります。



離婚したい側は、パートナーであった夫や妻から気持ちが離れてしまっているため、 離婚後のメリットが大きいですが、相手側が離婚拒否をすることは 、離婚後のデメリットを冷静に見据えています。デメリットの印象を思い浮かべているために妻や夫はなかなか離婚してくれないのです。



■離婚拒否を揺らがせる

夫や妻が持つ、離婚で被るデメリットとはひとり身になる、金銭問題、 捨てられてしまうために傷ついてしまうプライドといったものがあるため、 離婚への悪い印象を払拭する方法を見つける必要があります。

それは、相手が負うデメリットを埋めることです。自分が離婚したいと思った理由はなんでしょうか。

単純に夫婦生活に嫌気が差したことの他にも、離婚をしてまで手に入れたいものがあるからでしょう。

それを相手側にも与えることで、離婚することが相手にとってもメリットに変わることとなります。



一度夫婦としての契約をしている以上、離婚によって相手が想像しているデメリットを 会話の中で拾い上げて対応することで話し合いに応じてくれる可能性もでてくるでしょう。

ACグループでは、こじれやすい離婚問題についても対応をしているため、自分に合った方法で 離婚がしやすくなるサポートを行っています。自分の抱えている問題について具体的な進展を考えているならば、 ご相談だけでも受けることが可能です。



離婚問題について必要なのは冷静さと柔軟な考えです。

相手がなぜ離婚を拒否しているのかを理解することが成功の糸口となるでしょう。 離婚したいけどできない場合のミシマ式アドバイス






結婚して、一度は夫婦としての結婚生活を送ってみたものの、

「やはりこの相手とは一緒にいられない・・」
「別に一緒になりたい相手ができてしまった・・」
「結婚前の状況とは、変わってしまった・・」

などなど、離婚したいという方からのご相談は、年々増加しています。
夕刊紙:日刊ゲンダイでも
何度か記事を載せましたが、離婚する夫婦の割合は年々増加傾向にあるのです。

そんな中、スムーズに離婚が成立する夫婦もいますが、
本当に離婚したくても、離婚が成立しない・・
という深刻な悩みを抱えた方が多いのが実情です。

その数は、離婚したくない(離婚を回避する)悩みを抱えた方を上回っている状況です。
一例としては、

 ●どうしても離婚したいのに、相手が合意してくれないから離婚できない・・
 ●家庭内暴力がひどい・・。夫の暴力から、出来る限り早く解放されたい
 ●今の夫や妻の他に、一緒になりたい人(不倫相手)ができてしまった
 ●嫁姑の関係や、舅との関係に疲れた・・環境に馴染めないので別れたい
 ●離婚したいのに、周囲の誰もが認めてくれない

が挙げられます。

それぞれ、当事者にとっては非常に深刻な悩みであり、
且つ、自分一人では解決させるのが難しい悩みでもあるのです。

が、しかし、そんな状況の中でも、離婚する方法は必ず見つかります。
その根拠は単純で、複雑な離婚の悩みを抱えた夫婦をサポートし、
これまでに、離婚したくても離婚出来ない状況にある方、
逆に、離婚したくないのに離婚を迫られている方、
その“両側面”の願いを叶えてきた実績があるからです。

無駄に調停や裁判などを行い、弁護士費用で高額な費用を投じなくても、
もっとシンプルに離婚する方法は、必ず見つかるものです。
その答えを探し出し、実行に移すのです。

また、調停や裁判を行っても、高額な費用だけ使ってしまい、
現実には離婚できないケースが多いですので、注意も必要です。

当たり前のことでもありますが、離婚することは第二の人生のスタート
と言っても過言ではないくらい、重要な分岐点です。

その分岐点でミスをすることがないようにしていきましょう。

我々「離婚屋」では、

出来るだけシンプルに、
出来るだけ早く、円満に、
出来るだけお金を使わずに、


離婚できる状況を生むという点に注意をし、皆さんにアドバイスさせて頂きます。

ご自身や、周囲の方の力を借りても離婚できなかった方や、
弁護士に相談しても離婚できなかった方などは、
いつでもご相談下さい。

男女の悩みをサポートして20年 無料なのに丁寧・親切、そして詳しい!!

離婚したくない

離婚させたい

離婚したい

不倫と離婚

世間体と離婚

結婚と後悔

離婚後の再婚

離婚後の復縁

熟年離婚

性格の不一致

浮気調査

W不倫(ダブル不倫)

破談と縁談

浮気慰謝料

お問合せ

セックスレス

できちゃった結婚

別居

浮気の悩み

不倫相手

離婚慰謝料

離婚請求

別れさせる方法

妻(女房)の浮気

別れさせ屋

リストカット・自傷行為

ストレス

略奪愛

愛人ホステス・キャバ嬢

風俗嬢

夫(旦那)の浮気

浮気をやめさせる

その他

0120-075-444