離婚したくない 奥の手・伝家の宝刀

恋人や夫婦の悩み

離婚や不倫、浮気の悩み

0120-075-444

離婚したくない 奥の手 1st回避方法

夫と離婚したくない場合相談 離婚したくない時、伝家の宝刀として、復縁できる方法があればとお考えの方にとって、弊社の復縁工作や、復縁する為に用いる別れさせ工作は、非常に有効な手段と言えます。

多くの方々は、夫や妻から離婚を切り出されたり、気持ちが離れて焦りを感じた際には、相手と話し合いを求め、何とか自分自身の方に気持ちが向いてくれないか、交渉してしまいます。

「悪い部分を直すから、許してほしい」とか、「どうして離婚したいのか理由をもっと知りたい」などと相手とやり直したいがためにすがるケースもあれば、もうやり直せないと思ったら「離婚は認めない」とか「どうせ浮気しているんだろ?」などと、対決姿勢を出してしまったりと、追い込まれる事で情緒不安定となり、本来はすべきでない行動を取ってしまう方は沢山いらっしゃいます。

それによって今まで以上に夫婦関係が悪化してしまうことで、夫婦関係の修復が出来るものも諦めざるを得ない状況にまで自ら追い込んでしまう方も少なくありません。

夫婦関係が離婚の危機を迎えた時、離婚したくない場合の伝家の宝刀として、特別な方法を見いだせれば勝算はありますが、殆どの方が追い込まれる事で冷静な判断ができず、ついつい無意味な話し合いに持ち込もうとしてしまいます。

もし、ご自身が離婚したいと切り出す側であったとしたら、やり直す事を前提とした話し合いをしたいと思いますか?


離婚したくないなら、ここから復縁できた夫婦の方法を真似るべし

離婚を切り出すまでの状況となると、既に駆け引きの範疇を超えており、離婚に対しての決意を強めている場合が多いです。

その方にやり直したいと食い下がるのも一回なら受け止めてもらえたとしても、度重なる交渉は苦痛でしかありません。

夫婦関係の多くは人間としての情で繋がっているものですので、最後の砦である情だけは壊させないように心掛けることが重要です。

弊社では、夫婦関係が離婚の危機を迎えている場合、離婚したくない方への伝家の宝刀として、夫婦関係修復の工作業務を専門に行っている会社となります。

離婚を望んでいる相手に対して、弊社の工作スタッフが離婚回避に向けて活動していきます。

ご自身では離婚回避に限界を感じていらっしゃる方は、弊社の復縁工作や、浮気相手がいる場合の別れさせ工作が問題解決に向けて、お力になれる可能性がありますので、一度、ご相談されてみて下さい。

日本有数の成功体験談数を誇る、弊社の成功トリガーによって、どうすることもできない離婚の危機を回避させることができるでしょう。

先ずは弊社の無料相談窓口までご連絡頂き、専門相談員に今の状況をご相談くださいませ。




離婚回避をするためには問題の本質を考えることが大切

結婚生活を続けるなかで、夫や妻から離婚話を切り出されるとパニックに陥ってしまうでしょう。

離婚したくないと思うとともに、離婚の原因を考えると思います。

今回は、夫や妻から離婚話を切り出されたときの離婚回避方法を復縁屋目線で紹介し、奥の手を考えます。



■離婚したくない人が考えるべきこと

離婚したいと夫や妻に言われれば、誰だって動揺するものです。そして、離婚したくないと考えるのであれば、 自分の言動や相手の最近の様子から離婚の原因を推測するでしょう。

もちろん、そうしたことが離婚の原因となっていることもありますが、 離婚しなくないと復縁を考えるのであれば問題の本質を考えることが大切です。


結婚生活のなかで夫や妻の価値観が大きく変わることがあります。

例えば、宗教や病気などがあるのですが、そうしたものの影響で自分の人生で必要なものが変わってしまうと、 夫婦関係そのものが変化します。もちろん、これは極端な例ですがこうしたことがあるということを、 離婚したくないと考えている人はおさえておきましょう。


夫と離婚したくない場合相談 交際をしたり、夫婦になったりすると夫婦関係が成立している理由を考えなくなります。

もしも、夫婦関係が成立する理由が子孫繁栄だけであれば、子どもが成人した後に 夫婦関係を続ける必要はないでしょう。

しかし、実際はそうではありません。子孫 繁栄だけではない理由があるからこそ夫婦は一緒に生活を続けているのです。

その ため、夫や妻がどんな人生を望んでいるのかを知ることが大切なのです。

ここを 具体的に認識することで夫婦関係を成立させるために何が必要かが分かり、離婚回 避の方法の糸口(奥の手)を見つけることが可能になるのです。

離婚したくない人は、離婚 の理由ばかりを考えてしまう傾向があるため、注意しましょう。



■離婚したくない場合には相手の価値観を変える

夫や妻が離婚したいと思っている理由はさまざまです。夫の場合であれば、 家族を支えることの負担に比べて刺激や癒されるなどのメリットが少ない、 妻よりも浮気相手と恋愛で満たされたいなどがあります。

また、妻では、夫が家に居ない時間を有意義に感じる、周りを見てみると離婚したほうが楽しそう、好きな浮気相手ができたからなどです。

上記の理由に共通していることとしていることは、どのような人生を望んでいるのかということです。

これらは、価値観の上に出現したものです。そのため、離婚したくない人が話し合いや愛情、 反省によって離婚回避をしようとしても効果はないのです。逆に、さらに必要とされない存在となる危険があります。

離婚したくない、よりを戻すことを考えているのであればこうした方法は避けましょう。


もしも、よりを戻すことを成功させたいのであれば、価値観を根本から変えることが効果的です。

刺激が欲しいと考えている夫に対して、離婚したくないと考えるあなたが浮気相手や他の異性以上に刺激を与えるのは難しいでしょう。

それができているのであれば、離婚話になることもありません。

しかし、夫が刺激よりも安心や信頼などを重視するようになれば、 浮気相手よりも優位になります。

また、そうした立ち位置に近いのは長年夫婦関係を続けてきたあなたが有利です。

また、価値観を変えることで、相手が離婚したくないという気持ちに変化することもあるでしょう。


これは、妻が離婚をしたいと考えている場合も同様です。価値観の変化を促すことができれば、 よりを戻すことができるでしょう。そのためには、相手を分析することが大切になります。

そこでおすすめなのが奥の手・復縁屋の利用です。離婚したくないと考えている人の多くが復縁屋を利用しています。

これは、奥の手・復縁屋にノウハウがあるためであり、実績もあるためです。


離婚したくないと一人で塞ぎこんでしまうと、夫や妻との関係を改善することは難しいです。

また、そうした状態では離婚話を冷静に聞くこともできず、よりを戻すことも厳しいです。

離婚したくないと考えるのであれば、復縁屋に相談してみることから始めましょう。

離婚したくないという人の多くは、現実を冷静に考えることができていないことが多いです。

離婚話の経緯を相談することで、その状況に応じた離婚回避方法を提案してくれるのが、 復縁屋です。


無料で相談できるため、離婚したくないと考えている、 よりを戻すための方法を知りたいという人は積極的に利用してみましょう。





あなた悩みも、離婚屋に相談してみよう!

0120-075-444

離婚したくない

離婚させたい

離婚したい

不倫と離婚

世間体と離婚

結婚と後悔

離婚後の再婚

離婚後の復縁

熟年離婚

性格の不一致

浮気調査

W不倫(ダブル不倫)

破談と縁談

浮気慰謝料

お問合せ

セックスレス

できちゃった結婚

別居

浮気の悩み

不倫相手

離婚慰謝料

離婚請求

別れさせる方法

妻(女房)の浮気

別れさせ屋

リストカット・自傷行為

ストレス

略奪愛

愛人ホステス・キャバ嬢

風俗嬢

夫(旦那)の浮気

浮気をやめさせる

その他

0120-075-444