性格の不一致 離婚屋

恋人や夫婦の悩み

離婚や不倫、浮気の悩み

0120-075-444

性格の不一致が、離婚原因第1位

別れさせ屋・復縁屋ACG
日本は、『性格の不一致』という表現のもと、
離婚を切り出す男女(カップル・夫婦)が多いです。
性格の不一致とは、お互いの考え方・価値観などが合わないことから、
一緒にいることに苦痛を感じ、なかなか解決方法が無い場合には、
別れ(離婚)に繋がることもしばしばです。

性格の不一致は、一方的に離婚が可能な離婚事由としては認められていませんが、
お互いの合意があれば、性格の不一致を理由に離婚することが可能です。
一度は一緒になったものの、どうしても別れたい(離婚したい)とき、
周囲(友人・身内など)への説明や、別れへの納得材料として、
『性格の不一致』という表現をすることが多くなります。

芸能人の大物カップルらが別れる際にも、

・性格の不一致
・お互いの目指すものが違っていた

という表現はよく利用されています。が、しかし、
この「性格の不一致」で離婚をしている夫婦やカップルのおよそ2、5~3割前後に
「裏事情」 が隠されているとされています。

40代までの若い夫婦やカップルに特に多い、

その裏事情とは、『新しい恋人の存在』です。

言ってみれば、浮気(不倫)です。

一般人も有名人も同じで、表向きは性格の不一致を別れの原因として切り出してきますが、
実際には、それを精神的に後押ししている「新しい好きな人」の存在があるのです。
ですが、誰も好き好んで浮気(不倫)という自分の非を認めたくはありません。認めれば、

●離婚できなくなったり
●不倫相手に迷惑をかけたり
●多額の慰謝料を請求されたり
●自分の立場が一気に低くなったり
●会社での評価が下がったり

というマイナス要素を多分に含んでいますので伏せるわけです
そんな中で出てくる表現が、「性格の不一致」なのです。
これには納得できる流れがある場合もあります。

性格の不一致 ⇒ 即離婚 ではなく、

性格の不一致 ⇒ 日々悩む ⇒ 誰かに相談する 
⇒ 離婚したら??と提案される ⇒ 夫婦関係に悩む中で、新しい出会いがある 
⇒ 駄目とは分かっていても、今の旦那や奥さんに無いものを持っている異性にひかれる
⇒ 不倫関係になってしまい、その人と一緒になりたくなる ⇒ 離婚話を切り出す

大まかに言うとこのような流れです。
この場合、今の旦那(奥さん)とは離婚したい、という感情よりも、
不倫相手と一緒になりたい、という恋愛感情のほうが大きくなっているケースも多く、
逆に言えば、不倫相手と別れさせることで、夫婦関係が元に戻ることもしばしばです。
浮気・不倫は、された当事者にとってみると非常に苦しい問題ですが、
浮気・不倫をしている当事者に してみても、心中複雑なケースが多々あります。

「不倫と言えど恋愛、その恋愛に盲目になっていて・・・」

という言葉をお客様からよく聞きますが、この言葉からも 分かるように、
不倫と言えど、動いている恋愛感情は計り知れないくらい大きな場合もあるのです。
世間のルールからすると許されることではありませんが、
不倫当事者にとっては、感情のコントロールがきかなくなるくらい、
大きな恋愛をしていることもあるのです。

「浮気をされた=離婚」 ということはございません。
浮気をされた壁を乗り越え、夫婦生活を問題なく送っている お客様も大勢いらっしゃいます。
それぞれお客様の価値観で、浮気・不倫については考えねばならないことに なります。

皆様はどうでしょうか、「浮気をされたら離婚しますか?」
それとも、「浮気されても、離婚はしませんか?」

先ずは、世間のルール・常識とは別に、ご自身の気持ちで相手の浮気に対して
考えねばなりません。感情の勢いに任せて離婚し、後悔している方も多く見受けます。

相手には相手の事情があり、ついつい浮気してしまったケースも よくある話です。

離婚は、焦ってはいけません。

ある意味、「最終手段」、「新しいスタートを決意したとき」
として捉えて おくべきかと思います。


あなた悩みも、離婚屋に相談してみよう!

0120-075-444

離婚したくない

離婚させたい

離婚したい

不倫と離婚

世間体と離婚

結婚と後悔

離婚後の再婚

離婚後の復縁

熟年離婚

性格の不一致

浮気調査

W不倫(ダブル不倫)

破談と縁談

浮気慰謝料

お問合せ

セックスレス

できちゃった結婚

別居

浮気の悩み

不倫相手

離婚慰謝料

離婚請求

別れさせる方法

妻(女房)の浮気

別れさせ屋

リストカット・自傷行為

ストレス

略奪愛

愛人ホステス・キャバ嬢

風俗嬢

夫(旦那)の浮気

浮気をやめさせる

その他

0120-075-444