離婚慰謝料 離婚屋

恋人や夫婦の悩み

離婚や不倫、浮気の悩み

0120-075-444

離婚慰謝料について

別れさせ屋・復縁屋ACG
昨今の離婚事情では、離婚と言えば慰謝料という言葉が付き物のようになっていますが、
離婚をするとき、必ず慰謝料が発生するわけではありません。

離婚の場合の慰謝料は、結婚生活で精神的な苦痛を受けた側が、
その原因を作った側に対して請求できる損害賠償のことです。

例えば、暴力、不倫、生活費を入れないなど、責任の所在が
明らかな場合に慰謝料を請求されます。

また稀に、
「一方的に離婚を言われた」
「仕事に没頭し家庭を一切顧みなかった」
などの理由で慰謝料の支払を命じられた例もあります。

多くの一般的な離婚では、性格の不一致や離婚の原因がお互いにあるなど、
一方に離婚の責任を負わせるような要因が見当らない場合の慰謝料請求は認められません。
慰謝料に関しては夫婦間での話し合いだけでは解決しない場合もあります。
一方が慰謝料を請求して裁判になった場合、結婚生活の破綻の責任が、
どちらにあるかが問題になります。立証能力のある証拠が揃わ無かったり、
双方に責任があれば又、慰謝料が無い場合もあるのです。
 ●慰謝料の金額には幅があり相場が無い
 ●慰謝料請求の時効は三年
感情的になると、多額の請求をされるケースが目立ちますが、
常識の範囲を超えた額を請求された場合、示談交渉などで
結局妥当な額にまとまります。

また裁判となると立証責任の問題も出てきますから、
「慰謝料請求された額=支払わなくてはいけない額」
でも無いのです。

以上のように、ご自身に圧倒的不利な条件が無い限り、慰謝料を払う必要はありません。
 「離婚を有利に進めたい」
 「逆に相手に離婚に対する慰謝料を請求したい」
という方は、ご自身の離婚に納得がいくまで、ご相談に乗ります。

何か不服に思うことや、相手側の言い分に納得が出来ないのであれば、
焦ってすぐに離婚する必要はありませんので、
まず一度離婚専門の相談員にご相談下さい。



離婚慰謝料請求をしようとしている方へ

離婚慰謝料を請求すること自体は特に難しい問題はありません。

但し、どんなに感情的になっていても、
脅しや脅迫をすることは避けて下さい。

示談を前提とした慰謝料請求は金額に上限はありませんし、
定められたやり方がある訳ではありませんので、ある意味自由な請求が行えます。

また、パートナーやその浮気相手がすんなり慰謝料の請求に応じるケースもあり、
そのような場合は特に浮気の証拠は必要はありません。

例えば浮気をした夫も、その愛人も浮気を認め、
こちら側が提示した金額を示談交渉によって支払うと言ってきた場合、
浮気の証拠は使わないからです。

大切なのは浮気された側が、「これからどうしたいか?」 になります。

感情的になり、本当は欲しくもない慰謝料を請求した所で、
後悔すると共に、崩したくないパートナーとの関係が
ボロボロになってしまうことも多々あります。

慰謝料請求された相手は自分が浮気したにも関わらず、
躍起になって慰謝料請求をしてきたとして、
冷めた目で見てくる可能性もあります。
そうなると請求された相手は、「慰謝料=離婚」と考え、
請求したあなたは夫婦関係をやり直すために制裁として行ったはずでも、
結果、自分自身を苦めることになってしまいます。
もし浮気されても、それをやめさせて夫婦関係の修復をしたいと願っているのであれば、
お金での揉め事は避けるべきです。
数百万円の慰謝料をもらったところで、心は何も満たされない可能性が高いからです。

離婚慰謝料請求は、「これからどうしたいのか?」をよく考え、
そこを見極めてから行っていきましょう。


あなた悩みも、離婚屋に相談してみよう!

0120-075-444

離婚したくない

離婚させたい

離婚したい

不倫と離婚

世間体と離婚

結婚と後悔

離婚後の再婚

離婚後の復縁

熟年離婚

性格の不一致

浮気調査

W不倫(ダブル不倫)

破談と縁談

浮気慰謝料

お問合せ

セックスレス

できちゃった結婚

別居

浮気の悩み

不倫相手

離婚慰謝料

離婚請求

別れさせる方法

妻(女房)の浮気

別れさせ屋

リストカット・自傷行為

ストレス

略奪愛

愛人ホステス・キャバ嬢

風俗嬢

夫(旦那)の浮気

浮気をやめさせる

その他

0120-075-444