リストカット・自傷行為 離婚屋

恋人や夫婦の悩み

離婚や不倫、浮気の悩み

0120-075-444

離婚の悩みと、リストカット…

別れさせ屋・復縁屋ACG
恋愛・夫婦の悩みを抱えたまま過ごしている方の中には、心のどこかに誰かに愛されたい、自分を見て欲しいという理由もありながら、リストカットという自傷行為をされる方が少なくありません。そのリストカットに関して、下記を参考にしてください。

■リストカットとは

自分の手で故意に行われ、死に至ることがなく、社会的に認められない、身体を害する行為を自傷といいます。この自傷という言葉は範囲が広く、爪噛みやピアスなどよく見られるものから始まって、より重大なものまで様々です。死に至ることがない、というのはたまたまそうだっただけで、自殺企図がある場合も含みますし、自傷を繰り返すことで実際に死んでしまう場合もあります。その自傷の中で特に自分の手首を刃物で傷つけるものは「リストカット」と呼ばれます。リストカットは1970年代ごろより増え始め、現在では高校生、中学生にも広まっています。

■リストカットが起こる場合

リストカットはほとんどの場合、リストカットだけで起こることはありません。例えば過食や拒食、非行、万引き、アルコールや薬物の乱用、リストカット以外の自傷や自殺企図などを伴っています。そしてご本人は多くの場合、抑うつ気分、厭世観、希望のなさを感じています。時には周囲の人や社会に対して失望や怒りをもっていることもあります。また、リストカットは精神的な病気と共に生じることもあれば、そうでないこともあります。よく見られる精神的な病気として、PTSD、境界性人格障害、摂食障害、解離性障害などがあります(これらについてはまた別のところで取り上げる予定です)。

■リストカットの背景

なぜリストカットをするのかは人によって全く異なり、場合によっては正反対の理由で行う方もいます。例えば、現実感を取り戻そうとして行う方もいれば、逆に現実から離れるために行う方もいます。あるいは他の人に自分の辛さをわかってほしいために行う方もいれば、逆に自分だけの秘密を持つために行う方もいます。死にたいと思って行う方もいれば、生きるために行う方もいます。他にも意識をトランス状態に変化させるためだったり、疎外感や空虚感から抜け出るためだったり、自分がバラバラになっている感じをつなぎとめるためだったり、コントロールできないような感情を抑えるためだったりします。また、外傷体験を受けている方は、その外傷を「自分が悪いからだ」と感じて自分を責めるためだったり、その外傷的な場面を自分で能動的に繰り返すことで乗り越えようとする努力の表れだったりします。

■リストカットへのカウンセリング

こうした様々な背景を持つリストカットですが、一つの共通する特徴があります。それは「他の方法では自己表現をすることが難しい」ということです。そのため、カウンセリングの中でリストカット以外の方法で自己表現ができるようにしていきます。

具体的には自分の感情を言葉にできるようにします。感情を言葉にすることができないためにリストカットという行動によって処理していると考えることができます。しかし実際にはリストカットをする方の感じている感情というものはとても激しいもので、言葉では表現しきれないような場合もあります。

そこで言葉以外の、イメージによって感情を表現する場合もあります。イメージとは、芸術作品だったり、夢だったりします。そうしたイメージの中に自分の言葉にならない感情がこめられていることを発見し、自分のこころの中に収めていくのです。そうすることで、リストカットという行動をせずにすむようになっていきます。

■リストカットの持つ意味


リストカットに限らず、様々な自傷行為は、昔は祭りなどで社会に認められる形で行われてきました。例えば成人式や宗教的な儀式などです。そこでは自傷行為は様々な象徴的な意味を担い、それによってその人の存在そのものが社会的に変わったものとみなされ、その人自身も以前とは違ったこころの状態になっていたと考えられています。しかし現代ではそうした祭りは失われてしまいました。ユング心理学的に考えると、そのために人々は自分でそうした祭りを作らなくてはならず、その一つとしてリストカットが利用されたと考えることもできます。しかしながら現代ではそうした努力に関わらず、リストカットがその人の存在を変えることはありません。自傷行為の持つ象徴的な意味がもはや失われてしまったからなのです。そのため昔だったら社会が自傷行為に持たせていた象徴的な意味を、カウンセリングの中で夢や芸術に現れる個性的な表現の中に見出していくことが大切になります。それによってリストカットに頼らずにこころの状態を変えていくのです。

■リストカットする側に多い例

・失恋や離婚による寂しさから、相手に自分の存在を分かってもらうためにリストカットをしてしまう

・失恋や離婚の苦しみに耐えられず、リストカットをしてしまう

■リストカットされる側に多い相談例

・相手が自殺をほのめかしたり、自傷行為をするので、別れたいのに、別れられない

・出来る限り、相手を傷つけずに別れたい

上記のような相談、悩みをお持ちのお客様は、どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。


浮気や離婚の悩みで自傷行為はダメ!

人の中での恋愛感情とは、非常に大きな感情になります。その感情が不安定になったり、大きく傷ついたときに、人は自傷行為という行動に出てしまうことがあります。失恋や離婚、男女の悩みで苦しい思いをしている方は、どんなことでも相談してください。「あの人がいなくなるくらいなら死にたい・・」なんて思ったらダメです。

下記に自傷行為に関して書き出します。

■自傷行為とは

自傷は状況回避、避難行動であり、感覚強化や緩和行動であったり、自己顕示、意思表示行動とされています。自ら自分を傷つける”行動の障害”と言えるでしょう。頭を壁や床にぶつけたり、頭や顔、体などを叩きいたり、手や舌噛んだり、髪の毛を抜いたり、皮膚引っ掻いたり、青あざを作ったり出血させてしまったりと、第三者から見ると痛々しく、切なく哀しくものです。

■自傷をしてしまう要因とされるもの

自傷行為の要因とされるものは様々です。自分の意思表示の手段としてしてしまったり、怒り・恐怖・不安・不満・後悔・絶望・喪失感・孤独感などネガティブな思考の表現であったり、それらを消し去る為に行ってしまう事も多くあります。また、人間関係がうまくいかなくなってしまった結果としての行動であったり、自分の意に反する状況から、自分を守るために行動とったり、自傷をすることでしか、コミュニケーションが取れなくなってしまっている場合もあります。

大きな要因の一つとして、性的虐待や近親相姦が過去にあったことが有る場合、自分がしていることとの区別がつかなくなってしまい、痛めつけることが愛情表現なのだと認識してしまうケースも少なくありません。近親相姦があった場合は、罪悪感に羞恥心が加わり”自分は悪いことをした“という意識がどの虐待よりも強くなりやすく罪悪感から行動してしまう事が多いです。

■自傷行為をしてしまう人

自分自身の心の痛みに対してはかなり敏感で、他者を全く信用できないことが多く、自分自身を傷つけ、その痛みしか信用できなくなっていたり、過去の体験から他者を信用できないことが殆どである為、他者を信用できない自分に対して自罰的でありながらも、幼少期に起きた事が原因である場合が多いので、非常にナイーブで傷つきやすく、精神的に幼く、精神的なバランスが悪く、自分さえいなければいいと思っていることが非常に多い。

また、自傷を行うきっかけとして、現実感を取り戻そうとして行動する場合もあれば、逆に現実逃避をする為や疎外感や空虚感から抜け出す為、また、他の人に自分の辛さをわかってほしいという気持ちを自傷することでしか表現できなかったり、感情のコントロールできなくなったときに、その感情を抑える為に行動したりします。自傷行為を繰り返すことによって、その問題を乗り越えようとする努力を表している場合も少なくありません。


■リストカット者や自傷行為を繰り返してしまっている人のブログを読んで・・。

リストカット・アームカットをしていた人も、現在もしてしまっている人も、本当はしたくてしている人は少なく、また、リスカ・アムカをした時に”生きていること”を実感できるからという理由で繰り返してしまう人が多いようです。リスカを止めてほしいという人もいれば、何も言わないで欲しい人と意見は分かれるようですが、結局のところ、リスカの経験のある人にしか本当の事はわからないと思っている人がほとんどなのかもしれません。本気で心配しているからつい怒ってしまったりしたときも、本人には素直に気持ちが通じていないことが多く、泣かれるし、怒られるから、親や先生にも友達にも相談できないといった状況が多いようです。

話を聞いて欲しいときに、うなずいてくれるだけでも楽になるという方が圧倒的に多いように思えます。(リスカ・自傷行為をしている人のブログから)
とにかく、他人を信用する事ができなくなっていて、自分すら信用できない状況のなかで、生きていていいのか?生きていて意味があるのか?いなくなっても誰も心配なんてしてくれない・・・居なくなりたい・・等の自問自答のくり返し。だからと言って本当に死ぬ勇気がない。やり場のない気持ちの解消先がリストカット。切った直後は達成感や快感を覚え、その後傷跡を見て自己嫌悪に陥るパターン。刃物を見ると切った直後の気持ちが忘れられずに、ついつい繰り返してしまうようです。感情の起伏も激しく、数時間前には励まされて生きる勇気が湧いてきていたのに、その数時間後には、喪失感や怒り、不信感・不安でつぶれそうになっていたり・・・。

あなた悩みも、離婚屋に相談してみよう!

0120-075-444

離婚したくない

離婚させたい

離婚したい

不倫と離婚

世間体と離婚

結婚と後悔

離婚後の再婚

離婚後の復縁

熟年離婚

性格の不一致

浮気調査

W不倫(ダブル不倫)

破談と縁談

浮気慰謝料

お問合せ

セックスレス

できちゃった結婚

別居

浮気の悩み

不倫相手

離婚慰謝料

離婚請求

別れさせる方法

妻(女房)の浮気

別れさせ屋

リストカット・自傷行為

ストレス

略奪愛

愛人ホステス・キャバ嬢

風俗嬢

夫(旦那)の浮気

浮気をやめさせる

その他

0120-075-444