熟年離婚を回避する方法 離婚屋

恋人や夫婦の悩み

離婚や不倫、浮気の悩み

0120-075-444

熟年離婚を回避する方法とは?

別れさせ屋・復縁屋ACG
結婚生活、夫婦生活を25年以上続けてきた夫婦や、
55歳以上の夫婦に関して熟年離婚という言葉を使うことが多いですが、
熟年離婚そのものに決まった定義はありません。
テレビドラマの影響で熟年離婚という言葉が流行った経緯があります。

この「熟年離婚」ですが、大きく二つに分けると
●離婚したい側
●離婚したくない側
に分類され、半数以上は、離婚したい側のご相談になります。

但し、悩みの深さで言えば、間違いなく後者の「離婚したくない側」となるでしょう。
これまで何十年連れ添ってきた夫婦の離婚なわけですから、
離婚したい側にもそれなりの理由があります。そして、その意思は頑なです。
そこに対して、離婚したくない側は離婚回避方法を色々と考えますが、
積もり積もった不満や、離婚したい感情は、なかなか抑えつけることができないのが
現実なわけです。従って、離婚したくないのに、どうしても離婚が回避できない・・
というご相談が多いわけです。

熟年離婚を回避する方法としては、
●子供のサポートを得る
●どうして離婚したがっているのか、裏も表も明確にする
●夫婦揃っての離婚カウンセリングを行い、意見の偏りをなくす
●これまでの夫婦生活を振り返り、見直すべきところを書き出す

などがありますが、いずれも大雑把な取り組み方では回避はできません。

今日、明日の離婚ではないわけですから、最低でも2ヶ月半~3ヶ月の期間をかけて
離婚回避できる土台作りからスタートさせていきましょう。

そして、離婚を回避したい方は、
●これまで自分が相手に対して素直に愛情を表現していたか?
をチェックして下さい。熟年夫婦と言えど、男と女であることを忘れてはなりません。
日々の挨拶、コミュニケーションを怠っていたのであれば、そこも修正しましょう。
離婚したい側に溜まっているうっぷんは、非常に大きなものです。
経済的な保証が確約できれば、今すぐにでも離婚手続きを済ませたい・・
と思っている方も多くいらっしゃいます。

そんな中での離婚回避なわけですから、相手の神経を逆撫ですることは
絶対に避けなければなりません。
5年ほど前から、熟年夫婦の離婚相談が一気に増え、
非常に多くの熟年離婚相談をお受けしてきました。
そんな中で一つ言えることは、熟年離婚を回避するのは、
30~50代前半の離婚回避とは異なり、難易度が高いです。時間もかかります。
その理由の一つに、女性からの離婚申し出の割合が高いことも挙げられます。
ご存知の方も多いかと思いますが、2007年の4月から、離婚時の厚生年金分割の
導入がスタートし、女性にとって、経済的に有利な条件での老後が過ごせるようになったため、
ここぞとばかりに、夫に溜まっていたうっぷんを、離婚をすることで解決しようとしている
女性が多いためです。現実には、焦って離婚し、経済的に苦しんでいる女性も
多いですので、その辺の事例を引き合いに出すことも離婚回避のポイントに繋がるでしょう。
どうにかして、離婚回避をしたい!とう方は、遠慮なくご相談下さい。

一緒に解決への道を見出していきましょう。

あなた悩みも、離婚屋に相談してみよう!

0120-075-444

離婚したくない

離婚させたい

離婚したい

不倫と離婚

世間体と離婚

結婚と後悔

離婚後の再婚

離婚後の復縁

熟年離婚

性格の不一致

浮気調査

W不倫(ダブル不倫)

破談と縁談

浮気慰謝料

お問合せ

セックスレス

できちゃった結婚

別居

浮気の悩み

不倫相手

離婚慰謝料

離婚請求

別れさせる方法

妻(女房)の浮気

別れさせ屋

リストカット・自傷行為

ストレス

略奪愛

愛人ホステス・キャバ嬢

風俗嬢

夫(旦那)の浮気

浮気をやめさせる

その他

0120-075-444