離婚の悩み 離婚屋

恋人や夫婦の悩み

離婚や不倫、浮気の悩み

0120-075-444

離婚の悩みを解決したい方へ

別れさせ屋・復縁屋ACG
あなたの悩みは、解決の方向へ進んでいるでしょうか?
年度末にかけては、社内での転勤(単身赴任)や
他の会社への転職、卒業や入学が重なる時期で、
カップルの別れや夫婦の離婚率が上昇してしまう期間です。

そんな時期に伴い、
●離婚したいが、相手の合意がとれていないので、離婚できない
●離婚話が難航し、夫婦関係がドロドロしてしまっている
●離婚話を切り出されたが、相手の不倫が発覚した
●来年から、単身赴任や国外勤務になる夫と、離婚の話が浮上している
●どうしても離婚したいと言っている相手だが、自分は離婚したくない
●彼の転勤に伴い、遠距離恋愛になってしまいそう
●全てを心機一転させようという相手から、別れ話を切り出された
●結婚するつもりだったが、この不景気も影響し、関係がうまくいかない
などなど、年度末に向けてカップルや夫婦の関係が悪化してしまっているケースを多々お見受けします。

ですが、今ここで 焦ってはダメです。

感情的になればなるほど、思っているような方向に進まなくなってしまいます。それは、今この状況を
経験しているあなたが、最もよく分かっているはず。焦りからは、なかなか良い結果が生まれないのです。
ではどうすれば良いのか?再度考えてみましょう。

【別れ(離婚)を回避したい、もう一度やり直したいという悩みを抱えた方】
先ずは、今浮上している悩みに対して、何が最も良い解決方法なのか?を整理することです。
はっきりとした明確な目標を定めない限り、今何をしていいのかを見失ってしまい、
その結果、感情的な言動に走りがちだからです。
ご自身の中で、「こうなってほしい!」「こうしたい!」という目標を優先順位順にいくつか定め、
その目標がぶれないように、1日1日目標をもって行動することが大切です。
人は、こと恋愛に関しては、仕事や勉強などと異なり、計画性や適応性を忘れてしまいがちです。
相手との関係が上手くいっているときには問題ないですが、一旦問題が生じたのであれば、
そこから先は、感情的になるのではなく、落ち着いて、相手の立場になり、自分が苦しいからこそ
相手を思いやって接していくことが非常に重要になります。
離婚を回避したい方の場合には、もう一度これまでの夫婦生活や自分自身の至らなかったところを
この機会に考えてみなければなりません。頑なに離婚を拒否するだけではなく、なぜ相手が離婚を
したいと言い出したのか、を考えるのです。そして、朝の「おはよう」や、夜の「ただいま、おかえり」という
挨拶を、明るくしっかりとしていくような、ちょっとした当たり前の気配りを取り戻してみて下さい。

【相手の浮気に対して、心傷ついている方】
「なぜ浮気したの?」「どうして浮気するの?」「自分より、浮気相手のほうがいいの?」などなど、
人は浮気されたとき、全て自分目線で考えがちです。勿論、浮気されたこと自体苦しいことですから、
そのような発言ばかりを連呼してしまうことは仕方無いことでもありますが、それでは関係の修復は
後回しになってしまいます。関係の修復は、相手の気持ちを再度ご自身に向けさせることです。
そのためには、あなたが魅力的でないとダメなのです。いつも浮気のことを問いただしてくる相手に
魅力を感じるでしょうか?恋愛や夫婦関係は、愛すれば愛するほど、我慢の連続なのです。
だからこそ、幸せなときには、その幸せを噛み締めることができるわけです。
自分自身を成長させれる方向に、今の状況を変えていきましょう!

【これから先、今の関係をどうしようか悩んでいる方】
今の彼氏や彼氏との将来、旦那や奥さんとの将来を考えている中で、
「このままだと自分が不幸になる」「幸せにはなれない」と強く思うのであれば、
その関係にピリオドを打つ勇気も必要になります。無理をし続けることで、
精神的にも肉体的にも大きなダメージを負うことにもなりかねないからです。
基本的には、「男女は苦労しあい、固い絆ができあがるもの」です。
しかしながら、相性というものがあります。相性の悪い二人が一緒になった場合、
お互いがお互いを傷付けあうケースが多々あります。それでは本来の理想である
「お互いがお互いを高めあう恋愛」とはかけ離れた関係になってしまいます。
そんな場合には、どこかで上手に区切りをつける方法を考えねばならないでしょう。

【離婚して、新しい人生をスタートさせたい】
離婚することは、大半の場合で周囲の人間を巻き込むことになります。
周囲のことを中心に考えるか、相手(旦那や奥さん)のことを中心に考えるか、
それとも自分自身のことを中心に考えるかで、今の離婚したいという気持ちが
より複雑なものになることは間違いありません。満場一致での離婚など、
そうそう無いからです。
周囲の人からも、相手からも、子供達からも離婚を反対されているような場合、
あなた自身がどんなに離婚をしたくても、皆のことを考えれば複雑な心境になるはずです。
例え、これから先一緒になりたい相手(不倫相手)が、すでにあなたの中にいようとも、
離婚してその人と本当に幸せになれるのかは分かりません。答えが明確ではない、
分からないことだらけの中での大きな決断は、迷いが生じるものなのです。
また、旦那や妻の暴言、暴力、借金、家事を全くしない、子供の面倒を見ない、
アルコール依存症でどうしようもない、などなど、このままでは夫婦だけでなく
子供達も含めた、周囲の全ての人にとってマイナスが生じてしまうような夫婦生活を
送っているのであれば、どこかで区切りをつけ、あなたの第二の人生をスタートさせる
勇気が必要になると思います。

悩みの種類は別として、あなたの中で、
「このままではいけない・・」
という思いが強いのであれば、年度末という区切りに向けて、
気持ちをすっきりさせれるように頑張っていきましょう。
しっかりと考えれば、その問題の解決方法は見つかるはずです。

あなた悩みも、離婚屋に相談してみよう!

0120-075-444

離婚したくない

離婚させたい

離婚したい

不倫と離婚

世間体と離婚

結婚と後悔

離婚後の再婚

離婚後の復縁

熟年離婚

性格の不一致

浮気調査

W不倫(ダブル不倫)

破談と縁談

浮気慰謝料

お問合せ

セックスレス

できちゃった結婚

別居

浮気の悩み

不倫相手

離婚慰謝料

離婚請求

別れさせる方法

妻(女房)の浮気

別れさせ屋

リストカット・自傷行為

ストレス

略奪愛

愛人ホステス・キャバ嬢

風俗嬢

夫(旦那)の浮気

浮気をやめさせる

その他

0120-075-444